面接交渉権について

面接交渉権は、親権や監護権を持たない親に与えられます。
子どもに会うことを許される権利です。

離婚しても子どもの親であることには変わりません。
ですから、子どもの養育に関わる権利が与えられているのです。

とは言え、いつでも自分の望む時に会う事が出来る訳ではありません。
子どもの利益を最優先に考える必要があります。

面接交渉権に関わる、以下の要素を決定します。
・会う方法
・回数
・会う時間
・宿泊するかどうか
・連絡方法
・手紙や電話のやり取りの方法
・プレゼントの受け渡し

子どもの福祉が脅かされると判断された場合は、面接交渉が制限されます。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします