離婚時の養育費の決め方

養育費は、子どもを育てる際に必要となる費用です。
子どもが成人するまでの、教育費や衣食住にかかる費用が含まれます。

婚姻中は、夫婦二人で養育費を分担します。
しかし、離婚する場合子どもを引き取らなかった側が、引き取った側に支払います。

離婚しても子どもの親であることには変わりません。
ですから、子どもを引き取らなかったからといって、
養育費の支払いを拒否することは出来ません。

養育している親が受け取らなくとも、支払う義務があります。

どのように支払額や期間を決めるのでしょうか?
家庭裁判所には、養育費の算出方法である、
養育費算定表とその使い方があります。
年収や子どもを引き取っている環境など、様々な要素を考慮して算定されるのです。

決定する際は、法的に有効な公正証書を作成して記録しておく事も出来ます。

不明な点は、弁護士に相談しましょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします