離婚時の公的支援について

離婚してひとりで子どもを育てる場合、経済的な負担が多くなります。
家庭の状況などにより、公的支援や手当てを受けられることがあります。

自分の受けられる支援があるかどうか、チェックしてみましょう。

・児童手当
18歳から20未満の子どもを扶養している母子家庭に適用されます。
また、離婚していない場合でも一年以上、
父親から生活費の支払いがない場合は対象になります。

その他の公的支援を受けている場合は、支給されません。

・児童扶養手当
9歳になってから、最初の3月31日までの児童を養育している人に支給されます。
申請がないと受けられないので、手続きをしましょう。

・ひとり親家庭の医療費助成制度
医療保険に加入している、母子・父子家庭に適用されます。

他にも、様々な公的支援があります。
ぜひ、調べてみてください。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします